簿記・建設業経理士講座の

那覇簿記会計ゼミ

 070-6651-8193

営業時間
月・水・木17:00~22:00
(祝祭日の場合は9:00~19:00)
土・日9:00~19:00
(火・金は休業)

ワンポイント講義

標準原価計算の「標」は、目標の「標」

投稿日:

今日は、日商簿記検定2級講座で工業簿記のうち、
「標準原価計算」を行いました。

標準原価計算は、よく出題される内容です。
原価の目標を立てて、実際にかかった原価との差(差異といいます)を、
分析して、以降に役立てていくという流れです。

その差異を分析する際に用いられるのが、
上記画像のようなボックスや、図です。
中でも右下にあるものは、「シュラッター=シュラッターの図」と言って、
製造間接費の分析に便利なものです。

これらの図を使って、差異を「ビジュアル的」に把握することが出来るので、
非常に便利です。
ぜひ書けるようになってもらいたいです。

簿記では、いたるところで、
図やボックスを使う場面があり、
講義でも書いてもらうようにしてますが、
過去には知り合いが、
これらの類の図やボックスを一切使わずに、
日商簿記1級までクリアした人もいました。

これはあくまでもツールですので、
理解が出来れば、
必ずしも使わなくてもいいのですが、
個人的には使った方が解きやすいと思うので、おすすめです(^^)/

-ワンポイント講義
-, , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 那覇簿記会計ゼミ , 2019 All Rights Reserved.